京都で刑事事件を起こしてしまい、逮捕、示談、弁護士費用についてお悩みの方へ。刑事事件に強いアトム弁護士事務所京都支部では、京都の刑事事件の無料相談を行っています。
  • HOME »
  • 児童売春

児童売春

児童買春をして逮捕されてしまい、京都で相談できる弁護士をお探しの方にお読みいただく記事です。前科が付かない、刑罰が軽くなるように事件を解決する弁護プランをご案内します。

児童買春の刑の重さは?

児童買春についての罰則は、「児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律」に規定されています。この法律によると、5年以下の懲役または300万円以下の罰金が科されます。

児童買春 5年以下の懲役または300万円以下の罰金

児童買春事件で逮捕されてしまったら?

児童買春事件で逮捕されてしまった場合、通常は検察官が勾留請求を行います。そこで裁判所の勾留決定を阻止するために、証拠を隠滅のおそれや逃亡のおそれがないことを証明します。勾留決定がされなければ、直ちに釈放されます

児童買春事件で示談をするメリットは?

児童買春の事件の多くは、逮捕して捜査を進めます。警察沙汰にせずに穏便に事件を解決したい場合に、警察が入ってくる前に当事者間で示談が成立すれば、逮捕を回避することができます。

また、児童買春の相手方の両親と示談が成立すれば、刑事処罰が軽くなる可能性があります。児童買春は親告罪ではないため、示談が成立すれば必ず不起訴になるわけではありません。しかし、刑事処分に一定の影響を与えるので、示談が成立すると不起訴になることも多くあります。相手方の両親と示談を締結し、「これ以上の捜査を望まない」旨の嘆願書を取得できれば、不起訴処分を獲得し、前科が付かない可能性が高まります。

【示談のメリット】
逮捕を回避できる場合がある
不起訴処分を得られる可能性が高まる
執行猶予付きの判決が得られる可能性が高まる

児童買春を弁護士に依頼するメリットは?

刑罰が軽くなることがあります。証拠が不十分な事件の場合、弁護士から検察官に対して証拠不足を指摘することで、不起訴処分で前科が付かないことがあります。また、弁護士から検察官に対し、減刑の意見書や嘆願書などを提出することができます。

弁護士に事件を依頼すれば、被害者と示談することができます。加害者には被害者の情報を教えてくれないことが多いですが、弁護士であれば捜査機関から被害者の連絡先を教えてもらえる場合が多く、また、示談交渉の一切を任せることができます。適切な金額や内容で示談を締結することができ、後で再び揉めることがありません。

早めに児童買春の事件に詳しい弁護士に事件の内容を相談することにより、今後の流れや、どのような処分がなされる可能性が高いかを知ることができます。その上で一番良い対策を取ることが普通の日常を取り戻すために非常に重要となります。

LINEアカウントでお得な無料相談を受ける!上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ
上記の記事でよく分からない部分を無料で弁護士に相談することができます LINE@アカウントでお得な無料相談を受ける

「LINE無料相談」での実際の相談例をご紹介します

京都の刑事事件のよくある相談

京都の刑事事件でお悩みならお電話を

無料相談から解決の流れ

刑事事件は時間との勝負です。お悩みの方は今すぐお電話を。家族が逮捕中の方は相談無料。早期の示談成立の効果は大です。

刑事事件は時間との勝負とよく言われます。それは、①逮捕から勾留を経て起訴が決まるまでの手続き上の時間制限が法律で定められていて、所定の時間が経過するごとに、釈放を実現することが難しくなるから、②時間が経過するほど、警察・検察の下に被疑者(容疑者のことです)にとって不利な証拠が集まり、重い罪が認められやすくなるからです。

それゆえ、弁護士に相談するのは早い方がいいです。逮捕後より逮捕前、勾留決定後より勾留決定前、起訴後より起訴前にご相談されることをお勧めします。

刑事事件の中でも痴漢、盗撮、強制わいせつのような性犯罪では、とりわけ起訴前の弁護活動が重要です。性犯罪では、起訴前に弁護士が付いて、示談が成立し、被害者の許しを得られれば、被害者の意思が尊重され、不起訴になることが多いです。そして、不起訴になれば、懲役や罰金なし前科なしで事件を終えられます。一方で、起訴が決まってしまうと、高い確率で懲役刑や罰金刑が科され、前科がついてしまいます。

また、被害者がいない事件や被害者が示談を拒否している事件でも、弁護士が被疑者の事情を裁判所などに代弁することで、早期釈放刑の軽減の可能性を高めることができます。

刑事事件で警察の捜査を受けている方やそのご家族の方は、すぐに弁護士にご相談されることをお勧めします。刑事事件を専門的に扱うアトムでは、24時間365日、専属スタッフが相談ご予約を承っています。いつでもお電話ください。

解決までの流れ

たくさんの方から「いいね!」と言われるアトム法律事務所です。

アトム法律事務所弁護士法人代表 岡野武志(第二東京弁護士会)